鍼灸一筋40年以上!|太子堂鍼灸院

治療

治療について

積聚治療

当院で行う治療方法を、積聚 (しゃくじゅ) 治療と言います。
積聚とは、お腹の異状のことです。

たとえば膝が痛くても、ほとんどの場合お腹にも異状が出るものです。
それは、体が冷えて生命力が低下しているためです。

そこでまず積聚を確認して、次にその状況に応じて背中に治療します。
背中を治療すると、積聚が消えていくのです。

積聚が消えるのは、冷えが解消されたからと理解するわけです。

どのような訴えについても、このような治療方針で臨みます。

冷えと病気

ここでいう「冷え」とは、感覚的に冷たいと言うことだけではなく、生命力の低下を指しています。

体は冷えると生命力が低下して、いろいろな病気が現れます。

それらの症状を軽くするには、体に熱を起こして生命力を高め、「冷え」を解消することです。

鍼灸の治療とは、体に熱を起こそうとすることなのです。

PAGETOP
Copyright © 太子堂鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.