鍼灸一筋40年以上!|太子堂鍼灸院

119 脳の症状 その七

やまい一口メモ セレクション

119 脳の症状 その七

yamai-m

脳の充血に関係する症状に、外傷がないのに足の裏が痛む、というのがあります。

痛むところは、かかと、土踏まず、足趾のつけ根などまちまちです。

また足の内側あるいは外側の違いもあり、その程度も、歩けないものから圧せば痛い程度のものまでいろいろです。

しかしどれも軽く見てはいけません。

足の裏は体の全体重がかかるところで、体では最も強じんな部位に属します。

つまり、正常ならば全く異常を感じない組織なのです。

それが痛むときは、足は冷たいかほてっているもので、これは足の抵抗力がおちていることを意味します。

そのとき体の芯は冷えて、脳は熱くなる傾向にあると考えられます。

ご購入になりたい方は

『やまい一口メモ』の購入は太子堂鍼灸院においでいただくか
積聚(しゃくじゅ)会事務局にお問い合わせください。

積聚会の物品販売Amazonにてインターネットから注文することも出来ます。

積聚会事務局

東京都江東区毛利2-9-18
グリーンパーク錦糸町102

TEL/FAX:03-6659-9098

http://shakuju.com

office@shakuju.com

PAGETOP
Copyright © 太子堂鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.