積聚治療という東洋的な考えに基づく鍼灸治療を追及しています。セミナー・講習会の開催や、物品・書籍の販売も行っています。

はじめに

積聚会は一人でも多くの方に積聚治療と称する鍼灸治療を知ってもらうために作られた組織です。

積聚治療は鍼灸学校での教育のために考えられたという背景があり、施術者、患者共に確認しやすい腹診を中心に据え、シンプルで系統だった手順を基本とした学びやすい治療法です。
シンプルでありながら治療の一つひとつのステップを深めていくことにより、実際の臨床にも十分応えられる内容になっています。

積聚治療の方針は、まず病の根元的な原因を精気の虚に置き、それによって腹症などすべての具体的な症状が現れるとします。
それらの症状を診断と治療の指標とし、指標の消去を以て精気の虚が補われたとするものです。

講習会は効果的に積聚治療を学べるように、基礎から応用と段階的に編成されています。
各講習会とも鍼灸の身体への影響を実感することができ、段階に応じて臨床に生かせるものとなっています。

杉山検校遺徳顕彰会
学術講習会

11月29日(日)に行われる杉山検校遺徳顕彰会学術講習会で、小林会長が講演を行います。
詳しくは杉山検校遺徳顕彰会までお問い合わせ下さい。

積聚会学術大会
参加者募集

2018年2月11日・12日、東京都台東区、共和会館において、「一泊研修会」の名称を改め、「積聚会学術大会」を開催します。テーマは「脊際の意義」。参加者を募集します。

積聚会通信No.87
発行

積聚会通信No.87(2017年10月号)を発行いたしました。
会員の方は下記ページよりご覧いただけます。

PAGETOP
Copyright © 積聚会事務局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.