月刊Hnada 2021年9月号発売

小林名誉会長連載の100歳まで元気にコバヤシ鍼灸院、今号は
第115回「打撲の影響」

今号は打撲の影響についてです。
打撲が今の痛みや不調に関係しているの?と思われる方は多いと思います。傷は治っても意外と影響は残っているものです。

最近の私の体験談ですが、
車を運転中に猫が飛び出してきて、ブレーキを強めに踏みました。その時に少し首が振れ、力が入った感じがしました。

その後、首に少し痛みがあり、何か自分の体に影響が出てくるか観察していると、右の上下の歯が全体的に痛み出しました。

普段歯に痛みを感じることはないので、関係があると思い鍼灸治療を受け、無事に痛みはよくなりました。

このように、すぐ痛みがでることもあれば、数十年後に不調が出ることもあるので、打撲は要注意です!