» 2017 » 12月のブログ記事

月刊Hanada2018年2月号が発売されました。

小林会長連載の「100歳まで元気にコバヤシ鍼灸院」、今号は第73回「飽食と断食」。

好きな物はなかなか止められない。

身体に良くないとわかっていてもついつい食べたくなってしまう。でも、一応気を使って「いつもより」少なめで抑えておいた。これが難しいところなんです。

本人は「ちょっとしか食べてない」と言うんですよね。だから今回の不調とは関係ない、と思いたいのはわかりますけど (続きを読む…)

当事務局は2017年12月29日(金)から2018年1月4日(木)まで冬季休暇期間となり、
事務取扱をお休みさせていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、ご了承ください。

12月17日(日) 北海道基礎2コース 10回目 最終回が行われました。

このコース全体の復習として、治療の流れ、陰陽で体をとらえる、病症と一致する唯一の指標の脈など、 要所要所の確認と整理がなされました。.

引き続き、応用コースの大まかな紹介がありました。
受講生の皆さん、基礎コースを踏まえて、より的確な治療を習得するための意欲も高まったものと思われます。

座学の後は実習 このコースの集大成です (続きを読む…)

易経入門講座 第8回

| 易経入門講座 |

12月9日に易経入門講座の第8回目が行われました。
今回の内容は64卦が地天泰・天地否・天火同人・火天大有、占いが来年の運勢をみる年筮でした。

地天泰と天地否では、陰陽の交流について着目した話でした。
位置と働きの関係性が大事になってきます。
また、12カ月に卦をあてはめる陰陽消長卦も初登場しました。

天火同人と火天大有では先天八卦図が登場しました。
以前の講座で出てきた後天八卦図が人ができた後の配置であるのに対し、こちらは人ができる前の配置を表しているそうです (続きを読む…)

月刊Hanada2018年1月号が発売されました。

小林会長連載の「100歳まで元気にコバヤシ鍼灸院」、今号は第72回「痛みが移るのはなぜか」。

病気ではない、とは思っていても痛いところも全く無いし、内臓の働きも完璧だ、
という人はあまりいないのではないだろうか。

身体が健康を保つためには、疲れが溜まって活動力が低下するのを防ぐのに尽きる。

活動が低下すると温かいはずのところを温められなくなる (続きを読む…)


いよいよ年の瀬も迫ってきました。
冬の真っ只中、忘年会など美味しいものを食べる機会も多い時季ですね。
体調は大丈夫でしょうか?
さて、基礎1講座も最終回となりました。

今回は、今まで習った指標を駆使して、 全体的な流れをスムーズに、できるだけ短時間に、を意識してやりました。
一年の集大成です。
はじめの方よりも、指標の確認もスムーズになり、手順と手順の間もリズミカルに見えますね (続きを読む…)

12/3(日)に9回目の応用1コースが行われました。

「胸骨治療」についての講義をさせていただきました。

「胸骨治療」は、腹臥位が困難なケースが対象になるため、治療方式は原則として第1方式以外となることが考えられます。臨床上、第4方式を用いることが多いようです。

腹臥位が困難なケースとは、病症の重症度が高いと考えられるので、より臨床力が要求される場所だと思います。丁寧に指標の変化をみて、刺激する時間に注意すると良いでしょう (続きを読む…)

12月2日に応用2コース10回目が行われました。

前半吸角の試験をパスした受講生が、補助治療で用いられる刺絡の練習を重ねてきましたが、最終回の今回はついに頚部刺絡の実技を行いました。

1人ずつ実施し、細かく指導させていただきましたが、指導する先生の気迫に、ただでさえ緊張している受講生の緊張はピークに!ちょっとピリピリした空気が流れましたが、最後は積聚治療4年間(基礎1・2、応用1・2)の修了証授与が行われ、和気藹々と懇親会も行われました (続きを読む…)

10/28と11/11に易経入門講座の第6回と第7回が行われました。
2回分まとめてご報告です。

64卦からは第6回が「水雷屯」「山水蒙」「水天需」「天水訟」、第7回が「地水師」「水地比」「風天小畜」「天沢履」を学びました。
今年から受講している方は64卦に慣れるまで大変かもしれません。
しかし、受講年数に関係なく積極的に先生に質問する人が増え、講習全体が盛り上がってきています。

占い時間では五法 (続きを読む…)

2017年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

アーカイブ

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.