» 応用2コースのブログ記事

12月2日に応用2コース10回目が行われました。

前半吸角の試験をパスした受講生が、補助治療で用いられる刺絡の練習を重ねてきましたが、最終回の今回はついに頚部刺絡の実技を行いました。

1人ずつ実施し、細かく指導させていただきましたが、指導する先生の気迫に、ただでさえ緊張している受講生の緊張はピークに!ちょっとピリピリした空気が流れましたが、最後は積聚治療4年間(基礎1・2、応用1・2)の修了証授与が行われ、和気藹々と懇親会も行われました (続きを読む…)

7/29(土)に応用2コースの4回目が行われました。

いよいよ吸角練習も本格的に始まりました。

吸角の扱い方も自分で練習していると変な癖がついてしまう人もいます。それを修正するために、先生が急遽ビデオを撮影して来てくれて、それを見ながら注意点を丁寧に教えてくれました。

 

 

 

 

 

吸角練習もここまでくるとご立派!

成長には犠牲はつきものですかねぇ (続きを読む…)

 

7/15(日)応用2コースの3回目が積聚会事務局にて開催されました。

3回目に入り、前半折り返し地点にきました。講義の方は、いよいよ「意識」の話。H.O先生も調子をつかんでこられたのか予定の時間をオーバーして熱い講義は続きます。

今回は、「見える世界」・「見えない世界」、「見えるもの」・「見えないもの」の具体的な例をあげ、自分たちが使う鍼に対してどのように応用出来るかのお話は奥が深かったですね (続きを読む…)

6/3(土)に応用2コース2回目が行われました。

原先生も段々エンジンがかかってきた感じです。意外と気圧が低い日でしたね。

さて、講義は積聚治療のコアな部分の説明でした。

積聚治療は、東洋思想(哲学)における鍼灸治療を行うことを目指しています。そこで東洋思想というと、やはり外せないのが「気の思想」です。そして「気」の状態をあらわす言葉に、「陰陽」や「太極」という言葉があると考えることが出来ます (続きを読む…)

2017年度積聚会講習会応用2コースの応募が定員となりました。以後のご応募はキャンセル待ちとなります。

ご了承下さい。

積聚会の高橋大希です。会長の応用2クラス3回目のテーマは「意識」でした。

DSC05324_R

さて、積聚治療と他の鍼灸治療法との大きな違いは何かと言った場合に最も特徴的なのが「意識」を治療に用いることでしょう。「意識」とは、インターネットで検索すると以下のように書かれています。

1 心が知覚を有しているときの状態。
2 物事や状態に気づくこと。はっきり知ること。また、気にかけること。
3 政治的、社会的関心や態度、また自覚 (続きを読む…)

積聚会の髙橋大希です。今年度から前期後期に分けられて開催されている応用2クラスですが、第2回は「易の思想について」をテーマに講義が行われました。

さて、なぜ積聚治療では易を重要視し、それを学ぶのでしょうか。

ここで一つ勘違いして欲しくないのは、易を学ぶことで治療効果が上がるわけではないということです。いや、ないと言い切ってしまうのは問題ですし、ないわけではないのですが。

DSC04933

基礎1クラスでは積聚治療の基本治療を習いますよね (続きを読む…)

積聚会の髙橋大希です。これから毎回応用2クラスの様子を報告させて頂きます。

積聚会会員の皆様がご存じのとおり、応用2クラスは会長が講師を務められる年間講習会最終クラスとなります。内容は補助治療(外傷治療)となりますが、まずは積聚治療講習会の内容と位置付けを確認しながら、初回クラスの内容を振り返りましょう。

積聚治療では病の原因を「精気の虚」と位置付けております。言葉の意味としては、「生命力の低下」でもよいです (続きを読む…)

いやー、びっくり。

3回目の応用2クラスの予定は、いつも通り会長の講義、お互いの治療、吸角練習となってました。講義内容は、初回、2回目の話の流れから指標について話があると思っていた私は、事前に何の話をするのか確認したのですが、「脊際について話をするよ」とのことだったので、「応用2クラスで脊際(指標として)の話?」と思っていたのですが、これがビックリ。最近の先生の治療での新しい発見を突然紹介されました(笑)

積聚会では毎年新年度に役員会が開かれ、講師等を対象とした講習会が行われます (続きを読む…)

2年ぶりの小林詔司会長による応用2クラス。

2回目の講習会の内容は、東洋的なものの見方から精気の虚という積聚治療における病の考え方を解説、そして病の分類、そして現在の積聚治療の構成といった内容でした。

DSC00101

東洋と西洋を医学や鍼灸において説明する場合に、全体を見るのと部分を細かく見るのことを説明していることが多い印象です。そんなこと知っているよ、と、東洋医学、東洋的な見方の鍼灸治療をしている人達は言うかもしれませんが、意外とわかってないことが多い印象を受けます (続きを読む…)

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

アーカイブ

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.