月刊Hanada2018年1月号が発売されました。

小林会長連載の「100歳まで元気にコバヤシ鍼灸院」、今号は第72回「痛みが移るのはなぜか」。

病気ではない、とは思っていても痛いところも全く無いし、内臓の働きも完璧だ、
という人はあまりいないのではないだろうか。

身体が健康を保つためには、疲れが溜まって活動力が低下するのを防ぐのに尽きる。

活動が低下すると温かいはずのところを温められなくなる。冷えると痛みが出る。

そしてもう一つ、身体の熱がうまくコントロール出来なくなって必要以上に熱くなるところが出てくる。炎症という言葉は、その部分に熱が溜まってる状態。
やっぱり痛みが出る。

熱と冷え、正反対の症状に思えるが、元は両方とも身体が本来の働きが出来ないことが原因。

適度な疲れは、休めば回復出来るけど、過度な疲労や、回復するための休みが取れないなど、身体を酷使すると、
ちょっとずつ熱や冷えの症状を出してくる。

すぐ気付くものもあれば、結構溜まってドカンと症状が出たと思うものもある。

その部分だけ見れば、急に痛くなったと思っても、全く問題がなくていきなり激しい痛みが出ることはない。

すごく辛くて気になる痛みだけが、身体の疲れのサインではありませんよ。

太子堂鍼灸院ブログより転載

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

アーカイブ

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.