11月17日月曜日に、応用Ⅰコースの10回目が行われました。

最終回も初診の問診から治療まで一通りをお互いに実技をして、その中からもう少し工夫した方が良い点などをみんなで話し合ってみました。

応用Ⅰコースは今年度から新設されたコースで、初診カルテを使用して問診力を高め、病因と病症を考えられる力をつけることを目標に講義が構成してみました。

積聚治療における治療の目的は、皆さんもご存じのとおり、どのような病症であっても病的な精気の虚を補うことを目的にしています。その病的な精気の虚の程度を推測するのに指標を用います。その指標を拾い集めるのが問診になります。その問診力を養うためにこのコースは新設されました。また来年度パワーアップ出来るのではと感じています。

今回の受講生は、全員皆勤で大変講義を進めやすかったです。来年度、上の応用Ⅱの受講を目指す人もいるでしょうし、もう一度特殊鍼法を含め指標の復習をするために基礎Ⅱの受講を考えている人もいるみたいです。

お互い積聚治療をしている仲間として切磋琢磨していければと思います。

半年間、お疲れ様でした。m(__)m

1人でやっているので写真がほとんどないブログになってしまいました。来年はもう少し頑張ってみます。

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

アーカイブ

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.