» 易経入門講座のブログ記事

易経入門講座 第5回

| 易経入門講座 |

9月9日(土)に2ヶ月ぶりの易経入門講座が行われました。
いわゆる『易経』は易と解説から成っています。
今回からいよいよ本文にあたる易の64卦です。

今年度は3年1クールの初年なので64卦の始まりから。
「乾為天」「坤為地」が取り上げられました。
名前に天と地が含まれているように、天地陰陽の性質を含めた解説でした。

易で占いを立てると卦と言う形で結果が出ます。
その卦と現在の状況をリンクさせるのが大事ということでした (続きを読む…)

易経入門講座 第4回

| 易経入門講座 |

7月8日(土)に易経入門講座の第4回が行われました。
今回はいよいよ易での占い方に入りました。
易と聞いて多くの人が思い浮かべるであろう、あのジャラジャラするやつです。

あのジャラジャラは筮竹と言い、ある操作をした後の本数によって占いの結果(卦)が出てきます。
筮竹を使う方法はいくつかあるのですが、今年度は本筮法という伝統的とされる方法が取り上げられました。
本筮法は古代中国で国家の運勢を占うのに使われた由緒正しいものだけに、儀式めいていて複雑です (続きを読む…)

易経入門講座 第2&3回

| 易経入門講座 |

5/13と6/3に易経入門講座の第2回と第3回が行われました。
今回は2回分まとめて書いていきます。

第2回目の講座で取り上げられたのは陰陽・四象・八卦の卦(記号)と象(イメージ)です。
卦と象の結びつきの理由を考えることが研究・学問につながります。
特に八卦では徳・自然という代表的なものを始め、色々な象が挙げられました。

第3回目では最初に『易経』の成り立ち、その後に64卦の基礎知識です (続きを読む…)

易経入門講座 第1回

| 易経入門講座 |

4月15日(土)に易経入門講座の第1回が行われました。
この講座は3年で1クールとなるように開催されており、今回は新しいクールの第1回でもあります。
(※1クールとは64卦の1順を指すもので、受講はどの年から始めても大丈夫です)
今年は新しい受講生も多く、新鮮な雰囲気での講習になりました。

第1回ということで、まずは自己紹介。
そのあと、鍼灸のためになぜ易を学ぶかという話がありました (続きを読む…)

易経入門講座 第11回

| 易経入門講座 |

3月11日(土)に易経入門講座の第11回が行われました。
2016年度の最終回にして、3年1クールの最後でもあります。
(開講から数えて3年クールの2周目が終わったということで、受講はどの年から始めても大丈夫です)

64卦はいよいよ最後の3つ、小過・既済・未済です。
全ての要素がベストである既済でなく、悪い卦である未済で64卦が終わる。
この変化が易にとって大事で、“周(あまねく)”易と呼ばれるということでした (続きを読む…)

2月4日(土)に易経入門講座の第10回が行われました。

今回の64卦は「節」「中孚」。
「節」で先生が節度を守ることの大事さを説いていたのが印象的でした。
またこの講習会では約5年ぶりに爻辞も取り上げられました。
今までやってきた応・正・比などが『易経』にどのように反映されているか垣間見る機会となりました。

占いでは、数カ月に渡って取り上げられてきた占例の結果がついにわかりました (続きを読む…)

易経入門講座 第9回

| 易経入門講座 |

易経入門講座の第9回目が1月14日(土)に行われました。

今回は「旅」「巽」「兌」「渙」と卦辞の短い64卦です。
しかし応・正・比(乗、承)など爻の関係性の他、四季の吉凶や八卦の象など、考える点はたくさん出てきました。
前回の時中に関連して、卦象のどんな要素と卦辞を結び付けているかという話もありました。

易の最小単位は「大極・陰・陽」の3つになります。
これは人間が物事を考えるときに必ず持っている構造で、易を理解するためには何よりも大切だということです (続きを読む…)

易経入門講座 第8回

| 易経入門講座 |

12月10日(土)に易経入門講座の第8回が行われました。

今回は64卦の講義はなく、前回出た宿題の話からでした。
『易経』には「君子は居れば則ち其の象を観て其の辞を玩び、動けば則ち其の変を観て其の占を玩ぶ」という文があります。
この文に因んで、上卦が離で下卦を変えていった時の記号と意味のリンクを考えるというものでした。
計8卦について受講生の回答を並べてみると、「爻の関係」「爻の位置」「八卦の象」「別の卦との比較」「画象」「義象」「上下の関係」など様々な着目点がありました (続きを読む…)

易経入門講座 第7回

| 易経入門講座 |

11月19日(土)に易経入門講座の第7回が行われました。

今回の64卦は「艮為山」「風山漸」「雷沢帰妹」「雷火豊」の4つです。
64卦の卦象を考える際に、応・比(乗、承)・当位という見方も加わりました。
卦を構成する各爻の位置関係を見て、卦辞を考えるヒントに使います。
単純そうに見えて慣れるまでは意外と大変ですが、度々使われる重要な見方なのです。
00030-mts_snapshot_21-26_2016-12-04_16-37-21

占いの話に入ると、卦爻の変化を考える必要性が取り上げられました (続きを読む…)

易経入門講座 第6回

| 易経入門講座 |

10月8日(土)に易経入門講座第6回が行われました。

前回から始まった64卦、もちろん今回も取り上げられました。
水風井、沢火革、火風鼎、震為雷の4つです。
辞の説明に関連して、周易ができた頃の話がありました。
当時を知るヒントとして『殷周伝説・太公望伝奇』(横山光輝)を先生はお勧めしていました。
機会があったら手に取ってみてください!%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-10-16-12-50-27

東洋医学でも使われる五行説があります。
五行を陰陽・太極で考えると自分と相手の生尅で整理できます (続きを読む…)

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

アーカイブ

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.